小牧市の自宅で初心者さん向けのパン教室を開いています。
(現在、新規の生徒さまの受け付けはしていません。ごめんなさい。)
大好きなキッチンツールや焼き菓子もちょこちょこ紹介♪
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Ricotta.cafe オマケ話。 | main | びすとろ MARU >>
パン!
JUGEMテーマ:手作りパン
 

「パンのお届け」の画像がすっかり溜まってしまいました。
全部撮影しているわけではないので、一部だけ…




  

  

 

 

 

 







パン教室のも少し混じっているかも^^;


いつもおいしく食べてくれてありがとうございます☆
おいしかった、の言葉に元気をもらっています。




+++



ここで、何度も語ってるかも!?
わたしが手ごねにこだわる理由。


マシーンと手ごね、そんなに違う?とよく聞かれますが
食べてもらうと分かってもらえる事が多いです。
機械でもきちんと手順を踏めばおいしく焼けるし、
手ごねじゃなきゃだめ!なんてことは思っていません。


でも、手で丁寧に捏ねたパンは
機械が捏ねたパンよりもしっとりふわふわ。
それは指先で水分調整、温度調整できるから。
毎日違う気温と湿度、それを実際に手で粉を触りながら
微妙に調節していくんです。
そしたら、いつ焼いても同じおいしさのパンが焼けます。

あとは、手で捏ねることで気持ちも込められます。
おいしくなーれ!と心の中で唱えながら捏ねると
すごくいい生地に捏ねあがる気がします。
(あくまで、「気がする」、ですが。^^;)



☆余談☆

料理でもそうですが、手を使って何かを作ることって
作り手の気持ちとか、少なからずとも入ってると思うんです。
どんなにおいしい料理のお店でも、
作り手が 「んん〜…」って人だと、二度とそのお店には行きません。
なんか、体に悪いものが入ってくる気がして。^^;
わたしにとって口に入る物は、
味が良ければ良しってものじゃないのです。
あ、すごく神経質ってわけではないんですが!ね。

ムスーっした人が淡々と作ったパンと
パン作りを大好きな人が楽しく作ったパン、
同じ材料で、同じ手順を踏んで、同じ焼きあがりでも 
食べる側の味の感じ方は変わると思うんです。



+++


…余談が長すぎました〜

慣れるまでは大変だけど、
慣れてしまえばホームベーカリーにセットして捏ねてもらうのが
逆に面倒なくらいです。
長くても、10分くらいでしっかり膜の張る生地になります。


捏ねずにレンジで発酵して作るパンなど色々ありますが、
手ごねに勝るものはない、とわたしは思っています。
気持ちがいっぱいこもってますからね!
(もちろん、ホームベーカリーで作るパンもおいしいですよ☆)

それにカフェでおいしそうに食べてくれる方々のお顔をみて
手ごねのパン作りをすごく誇りに思いました。



マシーンで作ったパンよりも
手ごねで作ったパンの方が重いです。
それはグラムではなく…^^;
パンひとつを大事に想う気持ちが重いんです。
丁寧に捏ねて、乾燥しないように気をつけて、
発酵中もちょこちょこ気にかけてあげて。
手間暇かけてる分、愛おしいのです。(^v^)


わたしのそんなパン作りを間近でしょっちゅう見ている子供たち、
パンを絶対に残したりしません。
言葉で伝えなくても、一生懸命作った大事なパンって
分かっているみたいです。
それがわたしにも嬉しい。



んー。 時間があるとウンチクを語りたくなります。笑
キリがないので、ここらへんにしておきますー。




+++




しばらくコメント欄は閉じさせて頂きます。
ご用の方はメールにてお問い合わせください。

宜しくお願い致します。



 kii_mama☆yahoo.co.jp 
(☆を@に変えてください。)





スポンサーサイト
Trackback URL
http://ricottapan.jugem.jp/trackback/262
TRACKBACK